tel

トップ 婦人科・小児科・内科・皮膚科

婦人科・小児科・内科・皮膚科

生理

生理の周期異常 不順・こない・とまらない

生理前の不快感 乳房が張る、痛くなる・頭痛・のぼせる・むくむ・イライラする・眠たくなる・吹き出物が増えるなど

生理痛 下腹部の痛み・腹痛・吐き気など

生理の量の異常 多い・レバーのような血のかたまりが出る

生理以外の出血 中間出血・セックスの後に出血するなど


あなたは、生理について正しい知識を持っていますが? あやふやだったり、知らないことが多いはず・・・
「このぐらい、大丈夫だろう。」と思わずに、産産婦人科を受診しましょう。

上記症状は一例です。 その他にも気になる症状がありましたら、一人で悩まず医師の診察を受けましょう。

おりもの

正常なおりもの

 透明または乳白色(乾燥すると黄色くなる)

におい 無臭または甘酸っぱいにおい

 少し下着に付く程度(個人差がある)
排卵期と生理前には量が増える。

状態 サラッとした粘液。排卵期にはゼリー状の粘液になる。


産婦人科を受診したほうがよい場合

症状
おりものが臭う
黄色っぽい膿のようなおりもの
茶褐色のおりもの
白いいカッテージチーズのようなポロポロしたおりもの
おりものに泡が混じる
おりものに血が混じる
おりものが増える


おりものが増えたからといって『おりものシート』を使いすぎると、症状が悪化します。
もしかしたら・・・と思ったらの診察を受けましょう。


外陰部

外陰部が赤く腫れてかゆい
陰毛のあたりがかゆい
外陰部が痛い
左右の外陰部に水泡や潰瘍ができ、痛い
膣の入り口が赤く腫れ、熱感があって痛い
閉経後、外陰部がかゆい


上記症状は一例です。
その他にも気になる症状がありましたら、一人で悩まず医師の診察を受けましょう。

乳房

乳房にしこりがある
授乳期に乳房が痛む
乳頭から分泌物がある
乳頭が急にへこんでしまった


上記症状は一例です。
その他にも気になる症状がありましたら、一人で悩まず医師の診察を受けましょう。

排尿

トイレが近い
排尿時に痛みを感じる
尿がもれる


上記症状は一例です。
その他にも気になる症状がありましたら、一人で悩まず医師の診察を受けましょう。

下腹部しこり

下腹部が痛い

右下腹部痛
左下腹部痛
中央下腹部痛


下腹部のしこり

下腹部を触るとコリッとしたしこりがある
下腹部だけが膨らんでくる


おりものの異常や不正出血、発熱、生理にともなう下腹部痛もあります。


上記症状は一例です。
その他にも気になる症状がありましたら、一人で悩まず医師の診察を受けましょう。

女性特有のがん

女性特有のがんには主に、子宮がん・卵巣がん・乳がんがあります。 近年幅広い年齢層に多く見られます。早期発見のために定期検査をしましょう。


子宮がん

子宮がんには、子宮頸がんと子宮体がんの二種類があります。 子宮の入口の子宮頸部にできるがんが子宮頸がん。その奥の子宮体部にできるがんを子宮体がんと言います。
日本女性に発生するがんの中で、胃がんに次いで多いものです。 1年に1回は産産婦人科でチェックしましょう。


卵巣がん

早期発見が難しいがんの一つ。近年、増加傾向にあります。
卵巣腫瘍には良性のものと悪性のものがあります。
悪性のものがいわゆる卵巣がんです。
自覚症状に乏しく早期発見が難しいので、1年に1回は産産婦人科でチェックしましょう。


乳がん

乳がんは乳腺に発生するがんです。
治療方法も進歩していますが早期発見することが大切です。
1年に1回は産産婦人科でチェックしましょう。


早期発見のために、年に1度は検診を受けましょう。
気になる症状がありましたら、一人で悩まず医師の診察を受けましょう。

性行為感染症(STD)

梅毒や淋病など従来からいわれている性病をはじめ、性行為によって感染する病気を性行為感染症(STD)と言います。
近年、性感染症にかかる方が増えています。性感染症は適切な治療をすれば治ります。
思い当たる症状があるときは、早めに診察を受け治療をしましょう。


カンジタ症

症状
白いカッテージチーズのようなおりもの
外陰部のかゆみ
外陰部のただれ


クラミジア頸管炎

症状
おりものの異常
不正出血
下腹部痛
膀胱炎
尿道のかゆみ


トリコモナス症

症状
おりものの増加
外陰部のかゆみ
外陰部のただれ
外陰部のはれ
おりものが臭う


ヘルペス

症状
性器、下半身に1~2ミリの小さな水泡がたくさんできて痛い


尖圭コンジローム

症状
外陰部の皮膚と粘膜の境界の湿った部位や肛門周囲に、弾力性のあるポツポツした赤っぽい小さなイボができ、どんどん増えてかたまりを形成する


梅毒

症状
しこり、潰瘍ができる
リンパ腺がはれる


エイズ

症状
しこり、エイズウイルスの感染は、血液、精液、膣分泌液です。 日常生活ではうつる心配はほとんどありません。
エイズに感染したかどうか不安なときは、まず検査を受けましょう。


性感染症につての検査をうけに病院に行きにくいと感じる女性は多いと思います。
しかし、放置すると症状が悪化したり、再発を繰り返したりします。
当クリニックは、院長・スタッフは全て女性です。
もしかしたら・・・と思ったら診察を受けましょう。
パートナーと一緒に通院している患者様も多いですよ。


妊婦検診

妊娠おめでとうございます。


妊婦検診は随時行っております。
当クリニックでは分娩はしておりませんが、他院での分娩や里帰り分娩を前提として、妊婦健診を行っております。
里帰りの時期や出産予定日が近くなりましたら、出産希望のクリニックに紹介状をお書きいたします。


当クリニックでは、妊娠前のブライダルチェクもしています。 詳しくは『ブライダルチェク』のページをご覧ください。


漢方薬

中村クリニックでは、医療用漢方薬を保険診療で処方しています。


漢方薬はいくつもの生薬を組み合わせて作られる薬です。

漢方薬は、数千年の年月をかけて、患者さんの症状に合った生薬の組み合わせ(処方)を生み出しました。 それをもとに、日本の現状に合わせて発展させてきたのが、漢方薬です。


漢方薬は、一人ひとりの個人差を重視して、 使い分けています。

漢方は、病名で診断することだけでなく、患者さん一人ひとりの体質や病気の状態を見きわめながら、最適な漢方薬を使い分けていく、「オーダーメード」の治療です。 ですから、同じ病気でも患者さんの状態によってのむ薬が違ったり、ひとつの薬がいろいろな病気に応用されることもあります。 科学的な研究も進み、漢方薬は、西洋医学では対処しにくい半健康状態から慢性疾患にいたるまで、広い症状に対処できることが認められるようになりました。

更年期

卵巣の働きが衰えると卵胞ホルモン(エストロゲン)や黄体ホルモン(プロゲステロン) などの分泌が低下し、月経周期が乱れ、やがて閉経をむかえます。 更年期とは、この閉経をはさんだ数年のことです。
更年期の時期や症状は人によって違います。
月経周期が乱れ始める年齢も、閉経を迎える年齢も人によりかなりばらつきがあります。


[ 更年期障害のさまざまな症状の一例 ]
頭痛 目まい 食欲不振 ほてり のぼせ 足腰の冷え 腰痛 肩こり 発汗 寒気 嘔吐 悪心 腹部膨満感 下痢 便秘 しびれ 皮膚のかゆみ 色素沈着 排尿痛 尿失禁 頻尿 残尿感 不安感 脱力感 恐怖感 ドキドキ感


いろいろな症状が出たときに、すべて「更年期のせい」と安易に思い込まず、専門家の診察を受けましょう。
他の病気の可能性もあります。 更年期は今まで無理をしてきた体が「そろそろいたわって」とサインを送ってきている時期ともいえます。
また、更年期の「心のゆれ」は程度の差こそあれ誰にでもあるものです。
心身の不調の原因をまず自分自身で理解し、この時期を上手に乗り切る工夫をしましょう。

望まない妊娠

セックスをして次の生理が1週間以上遅れたら、妊娠の可能性があります。
出血があっても普段の生理と比べて出血量や日数が少ない場合は「着床出血」といって 妊娠の兆候であることもあります。
もしかして・・・と思ったら早めに来院し診察を受けましょう。
特に、望まない妊娠をしてしまい、人工妊娠中絶を選択する場合には早い時期に 体の状態を確認する必要があります。
クリニックに来院し医師と相談しましょう。

セックスをしてから、72時間以内の場合は『モーニングアフターピル』のページをご覧ください。


中村クリニック院長は、母体保護法指定医です。
母体保護法指定医とは、人工妊娠中絶の手術を実施することのできる資格を持つ医師のことです。

ピル

準備中です。


モーニングアフターピル

避妊をしないでセックスをしてしまったとき。コンドームが外れてしまったり、破れてしまったとき。 妊娠しては困る人がやむをえなく、中用量ピルをつかうことがあります。
緊急の避妊法です。
避妊効果は70%といわれます。
低用量ピルと違って強い薬なので、頭痛や吐き気などの副作用をともなう方もいます。

妊娠が成立してしまったら、効果はありません。
セックスのあと、72時間以内に最初のアフターピルを飲む必要があります。
出来るだけ早く、クリニックに来院し診察を受けましょう。

旅行などで生理の日を変えたい

薬を服用し、生理を早める方法と遅らせる方法があります。
旅行などを快適に過ごすために、早めに来院しましょう。
また、肝臓障害や、心臓病、腎臓病、糖尿病などの既往症をお持ちの方は、使用できないことがあります。 医師にお申し出になりご相談ください。
個人差がありますが、人によって気持ち悪くなる・眠気がおこる・おりものが増えるなどの症状があらわれることもあります。
予定日に余裕を持って、早めに来院しましょう。


生理を早める場合

変更したい生理予定日の前の生理開始後5日以内までに診察をうけましょう。
例) 4月の生理予定日を変えたいときは、3月の生理開始の前か、生理開始5日以内に診察をうける。



生理を遅らせる場合

変更したい予定日の10日以上前に診察をうけましょう。

水虫

水虫でお困りの方、ご相談ください。 水虫は適切な治療をおこなえば治る病気です。 中村クリニックでは保険診療で水虫を治療しています。

婦人科検診・ブライダルチェック

婦人科検診

子宮がんや乳がんの検診などは、年に1度の定期検診をしましょう。

世田谷区の検診も実施しています。診察時間のページをご覧ください。


ブライダルチェック

結婚や妊娠の前に、からだの状態をチェクしましょう。

妊娠すると、赤ちゃんはお母さんの子宮の中で約38週かけてゆっくりと育ちます。その間、赤ちゃんに栄養や酸素を補給するのはお母さんのからだです。
お母さんの健康状態がベストで精神的にゆとりがあることが大切です。

貧血

疲れやすい・だるい・めまいや立ちくらみ・頭痛・耳鳴り・動悸・息切れ 等
貧血の発症原因によっていくつかの種類にわけられますが症状を自覚したらまず受診をしましょう。

肩こり症

肩のあたりに不快感をもつ軽度のものから、首や背中さらにひどくなると頭や目の痛みまで伴う場合もあります。一般的な肩こりは心配する必要がありませんがなかには何らかの病気が原因で症状が出ている場合もあるので症状をきちんと知っておくようにしましょう。

頭痛

特に多い症状として、後頭部がジ-ンと痛み頭全体がしめつけられるような鈍痛のあるものと頭部の片側がズキンズキンと痛み、ひどくなると吐き気・嘔吐を伴うものなどがあります。思い当たる症状がありましたら受診をしましょう。

冷え性

暖かい季節でも手や足の先や腰のあたりが冷たくてしかたがない、冬場、暖房の効いた部屋にいても、手や足の先や腰のあたりが冷た状態を冷え性といいます。 原因としてはホルモンバランスの乱れや貧血、低血圧、自律神経の乱れが考えられます。冷えると体の抵抗力が落ちるので、早めの対処が必要です。

便秘

便通は健康のバロメ-タ-です。 便秘と感じる日数は人によって異なりますが、もし3日以上便通がなければ便秘気味といえます。改善方法は規則正しい生活・水分補給をして、トイレに行く習慣をつけましょう。漢方薬なども処方していますので、診察を受けましょう。

不眠症

入眠障害:寝つきが悪くなかなか眠ることができない。
浅眠:眠りが浅く寝た気がしない。
途中覚醒:夜中に何度も目が覚める。
早朝覚醒:朝早く目が覚めそのまま眠れない。

風邪

熱・のどの痛み・咳・鼻水 等 症状を感じたら早めに受診しましょう。

子宮頸ガン予防ワクチン(ガーダシル)

半年間に3回接種します。
1回目
2回目:初回から2か月後
3回目:初回から6か月後


3回接種することで十分な効果が得られるため、きちんと3回接種することが重要です。

費用
1回につき20,000円 合計60,000円(税込)
予約制となっておりますのでご連絡下さい.

プラセンタ注射・にんにく注射

プラセンタ注射・にんにく注射とは

ヒト胎盤より抽出した、厚生省認可の安全性・有効性の高い医療用医薬品です。
プラセンタには各種栄養素をはじめとする、胎児の成長に必要な物質がギッシリと蓄えられています。
プラセンタは母体において、酸素や栄養分を胎児に与えられる豊富な有効成分(たんぱく質・脂質・糖質・ビタミン・ミネラルなどの栄養素と細胞増殖因子 ・抗炎症物質・免疫強化物質など)によって構成されています。
注射に使用する薬はその抽出エキスです。

中村クリニックでは ラエンネック社のプラセンタを使用しています。
美肌・若さを維持したい方、スポーツ選手、更年期障害にお悩みの方など全ての年齢の方に効果が期待できます。

効果

美白
疲労回復
肩こり改善
肌荒れ改善
腰痛改善
生理不順改善
更年期障害改善
月経痛改善

など体に足りないものを補います。

価格

注射2アンプル  ¥2,600
予約の必要はありません。診療時間内に御来院ください。

にんにく注射とは

細胞活性化作用があり、新陳代謝を高め神経や筋肉の働きを活性化させ、疲労や倦怠感に対して作用するビタミンB1が含まれています。

にんにく注射というと本当にニンニクが入っていると考える方が多いと思いますが実際にニンニクが入っているわけではありません。
注射の時に、ニンニクと同じようなにおいがする事からこの名前がつけられました。
スポーツ選手の体の維持や疲労感にお悩みの方など全ての年齢の方に効果が期待できます。

効果

疲労回復
疲れや倦怠感の改善
肩こり改善
腰痛改善
だるさの改善

など体に足りないものを補います。

価格

注射1回  ¥2,600
予約の必要はありません。診療時間内に御来院ください。

PCサイトへ
pagetop